OSPとは

 OSP「OITA SYOKUNOMICHI PROJECT おおいた食のみちプロジェクト」は、2020年4月に別府にあるAPU(立命館アジア太平洋大学)の学生3名が主体となって始まったプロジェクトです。

 立ち上げを行った2020年4月は、新型コロナウイルスによる経済活動の変革が起き、特にBtoBとして飲食店などに食材を納入することが難しい時代になってしまいました。生産者の皆様にとって大きな影響であります。生産品の消費は消費者に繋がっていくことがこれまで以上に必要となってきました。一方、学生の収入を得る手段であったアルバイトも激減、我々は、もともと起業をしたいと思っていたことも手伝い、アルバイトではなく、自身で事業を生み出すことで収益を確保していくことで収益を生み出してみようと考えました。

 そこで、OSPメンバーは一次生産者の皆様の大切に育てた生産品の販路を確保して、ご自身達では手が回りにくい部分の安定的な支援を行うことを目的として活動をはじめました。我々は、ただ利益を追求するのではなく、一次生産者の皆様と消費者の皆様の双方が喜べるよう、生産者の声を学生目線で届け、食材の魅力を伝えて、生産品を購入してもらうことで、顔が見える生産者の食材を、消費者の食卓になれべてもらうこと目指して活動を行っております。

 大分の自然豊かな環境により育てられた野菜や肉、魚が多くの消費者の皆様の食卓にのり、美味しい美味しいと声を出していただけるように努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

学生メンバー

齋藤なおき

OSPのライティング担当。文章は仕事でもあり楽しみでもあると思っている。趣味はバイオリンの演奏とアニメの視聴。最近モテるために椎名林檎を練習し始めたが効果を確認できたことはない。

吉川りゅう

OSPの生産者PR動画制作を担当。動画編集スキル向上のため現在、切磋琢磨中。酒が好きで最近はウイスキーにハマっている。食を繋ぎ、笑顔を増やしたい。

冨原ひろき

OSPの経理・一次生産者さんとのやり取り担当。経理を猛勉強中。 自然が好きで林業などに従事。農業ももちろん大好き。人手に困ったら是非連絡ください。お手伝いしに行きます!

サポートメンバー

宮井さとし

OSPの見守り担当。地域の事業者の皆様の助けになればと思い事業を行っている起業支援者。別府でシェアオフィスも運営。最近料理や農業に目覚め、自給自足を目標にしている。

工藤あきら

大自然豊かな大分県山香町にて家族で農業を営む。お米や自然薯、しいたけなど様々な農産物を生産。最近トラクターの運転を覚え、着実にスキルアップ中。無類の犬好き。

坂本ひろゆき

IT技術で大分を応援する「おおいたITサポーター」。豊かな大分県で、技術者としての知識と経験を、地元のあらゆる分野に活用していくことを目指している。オーディオ、カプチーノ、野菜栽培も含めたモノづくりが好き。

かおなしまちす

別府・大分・大阪を拠点に活動する丁寧にイカれた芸術家。OSPではロゴなどに使われているイラストを制作。